タイトル画像

3月24日(金) 会員レポート

2015.03.24(21:56) 1900

 為替鬼クラブ 会員レポート 本日のコンテンツ

① 前日のトレード結果およびチャート画像
② 前日のトレード解説および売買ルールの説明
③ トレード・ワンポイント解説 「値動きが加速したポイントを狙ってエントリーする 【初級】」

*各種ご質問は「コメント欄」にお寄せください。週末レポートにてお答えいたします。
*「閲覧パスワード(1週間有効)」は毎週月曜日深夜にお送りいたします。

---------------------------------------------------------------------------------

 前日のトレード結果およびチャート画像 【クリックで拡大】

24戦  20勝  4敗   + 747,080 円 

20170323h1.png20170323UJ.png20170323GJ.png

---------------------------------------------------------------------------------

 前日のトレード解説および売買ルールの説明(損益はすべて千円台を四捨五入)


・ドル円は午後3時ころからゆるやかに下落を開始し、
午後5時台で下落が加速した局面(エンベロープ付近まで1分間で下落)で、
少しの反発(陽線発生)でロングでエントリーして+3万円。

午後6時台後半、午後7時台前半にも、下落が加速したポイントでロングで入って、
それぞれ+3万円と+2万円。

【参照チャート①】

20170323UJ1.png


・午後10時を過ぎた直後に最も下落が加速したが、そこが反転ポイントとなり、
深夜1時過ぎまで上昇トレンドに転換。

それまでの下落トレンドや上昇トレンドが、突然一気に大きく加速すると、
そこを境にトレンドが反転することがよくあるが、昨日もそういう値動きパターンだった。

上昇局面でも、上昇を加速したところでショートで入って、
午後10時台は+6万円、午後11時台は+1万円。

それまでの下落トレンドで買い方のポジションがたまっている可能性があり、
一旦戻り始めると、売り方のポジションが我先に逃げ出すので、
短期間に一気に巻き戻される傾向がよく見られる。

このような局面では捕まってロスカットになることも多いのだが、
昨日はそれほど問題なく対応できた。

【参照チャート②】

20170323UJ2.png


・深夜12時台になっても上昇の勢いに陰りが見えなかったが、
エンべロープを抜けたポイントでショートで入り、ベッティングもしたのでトータル+4万円。

深夜1時台もエンベロープを抜けてたので、上げ止まり感を確認してからショートで入り+5万円。

【参照チャート③】

20170323UJ3.png


・午前1時台前半のエンベロープ抜けを境に下落に転じて、ここからNY引けまで下げが続いた。
午前2時台前半に勢いよく下げたが、下げ止まり感を確認せずにロングで入って-4万円、
下げが加速したポイントでベッティングで入って+11万円。

午前2時台後半には、下落のリバウンドが入り小幅に上昇したが、
この局面でもエンべロープギリギリまで上げたところを叩いて+2万円。

【参照チャート④】

20170323UJ4.png


・その後は再度、下落トレンドが勢いを取り戻して、午前4時台に勢いよく下落した。
エンべロープギリギリまで下落したところを拾って+3万円、その後の急落のリバウンドを取って+1万円、
エンべロープを大きく外抜けたポイントで引き付け甘く入って微損でロスカットし、
これでNY引けを迎えトレード終了。

【参照チャート⑤】

20170323UJ5.png

---------------------------------------------------------------------------------

 トレードワンポイント解説 【画像クリックで拡大】


本日のテーマ  「値動きが加速したポイントを狙ってエントリーする 【初級】」


・今までのトレード解説やワンポイント解説で何度も説明してきたように、
数分単位でトレードが完結するスキャルピングでは、エントリーが命である。

勝負を決する80%は、エントリーポイントの精度にかかっていると言っても過言ではない。

下の画像では、スキャルピング、デイトレード、スウィングトレードのそれぞれのトレード時間枠を表しているが、
デイトレでは数時間、スウィングでは数日間、ポジションを保有することが多いので、
よほど悪いポイントでエントリーしない限り、利益が出る決済ポイントがいくつも存在する。

20170324special.png


しかしスキャルピングの場合、画像では I マーク で表した時間枠しかないので、
エントリーポイントが悪いと絶望的で、利益が一度も出ないで時間枠が経過する。

つまり、スキャルピングでは良いポイントで入らなければ、
どんなに決済ポイントを工夫しても負ける可能性が高く、
だからこそ、エントリーの精度をできるだけ高める必要があるのだ。




・さて、エントリーする精度を上げる方法はいくつかあるが、
以前の記事では、次の3つの観点から、ひとつひとつご紹介したので、
今回の記事では、別の視点から解説していきたい。


【参考】 今までに解説したエントリー精度を上げる方法

使用するインディケーターのエントリー基準を厳しくする
各種フィルターでエントリーをふるいにかける
シグナル発生後に、すぐにエントリーしないで、引き付けてからエントリーする



それは「値動きが加速したポイントを狙ってエントリーする」ということだ。


例えばダラダラ下げが続いている局面があるとする。

ある時、今までの下落スピードよりも明らかに下げが加速するポイントがあるが、
このポイントでエントリーすると、リバウンドが発生する可能性が高く、
スキャルピングがうまくいく場合がとても多い印象だ。

ここで問題となるのは、上昇や下落のスピードの加速をどのように探知するかだが、
リアルタイムでそのような場面に数多く出くわすことで、
モメンタム(相場の勢い)が少しずつ感じとれるようになってくる。


下の画像では、まさにそのような局面を示しているのだが、
加速感を探知する客観的指標(判断基準)として、エンべロープをたくさん表示してみた。

20170324special2.png


画像のピンクで囲った部分で下げが加速し、その直後から反転上昇を開始していることがわかる。


・私は今までに少なくとも十万回以上はスキャルピングを行ってきたが、
チャートに表示しているインディケーターが発生させる売買シグナルに単純に従っているだけでは、
長期的に勝ち続けることはほとんど不可能であると確信している。

これらの客観的指標に加えて、プライスアクションなどの値動きのクセを見抜き、
日々、様々な検証や分析を継続していくしかないと感じている。

プライスアクションに加えて、私が今とてもこだわって検証しているテーマーが、
為替取引の「出来高分析」である。(下記画像が板情報の一例)

20170324special3.png

株取引をするスキャルパーにとって、板読みは当たり前の技術だと思うが、
為替取引で「板情報」(オーダーフローと呼ばれる)を注視しているトレーダーは、
ほとんど皆無と言っていいほど少数派である(恐らく数千人にひとり程度ではないか?)。

オーダーフローを見てエントリータイミングを見計らうためには、
かなり高度な(というか複雑な)情報処理テクニックが必要なので、
だからこそマスターすれば抜群のエッジがあると実感している。

読者の皆さんも、いろいろな視点でエントリータイミングを精査し、
少しでもスキャルピングが上手くなっていただきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------

 為替鬼クラブからのお知らせ

会員期間が残り1週間の会員様には、「会員レポート」に関する簡単なアンケートをお送りしております。

アンケートにお答えいただいた方が、「為替鬼クラブ」会員期間を更新(4週間)される場合、
下記の2つの特典をご提供いたします。


①「為替鬼クラブ」会費の割引 通常価格 5400円 → 割引価格 4320円 


②「為替鬼 スキャルピングの極意 【トレード手法マニュアル】」

→為替鬼がスキャルピングのメリット・デメリット、トレード手法、エントリー、決済のポイントなどについて、
詳しく解説したマニュアル【非売品】


割引価格で「為替鬼クラブ」の会員期間を更新する場合は、
会員限定サイトの「為替鬼クラブ 会員更新(4320円)」でお申込み手続きをお願い致します。

お手続き完了後、「為替鬼 スキャルピングの極意 【トレードマニュアル】」をお送りさせていただきます。

→ 会員限定サイトはこちらをクリック!



FXスキャルの達人! 為替鬼 



トレード手法解説 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
プラグインタイトル 月間損益

★ 2017 年 07月 + 1,519,674 円
★ 2017 年 06月  + 490,413 円
★ 2017 年 05月 + 4,294,305 円
★ 2017 年 04月 + 2,205,140 円
★ 2017 年 03月 + 5,820,730 円
★ 2017 年 02月 + 6,247,900 円
2017 年 01月 + 10,473,651 円
------------------------------------
★ 2016 年 12月 + 3,433,940 円
★ 2016 年 11月 + 6,747,541 円
★ 2016 年 10月 + 2,213,428 円
★ 2016 年 09月 + 2,975,109 円
★ 2016 年 08月 + 1,050,346 円
★ 2016 年 07月 + 5,203,533 円
★ 2016 年 06月 + 4,782,660 円
★ 2016 年 05月 + 1,269,467 円
★ 2016 年 04月 + 1,613,909 円
★ 2016 年 03月  + 588,828 円
★ 2016 年 02月  + 619,496 円
★ 2016 年 01月  + 509,651 円
------------------------------------
★ 2015 年 12月  + 184,521 円
★ 2015 年 11月  + 979,681 円
★ 2015 年 10月    + 10,415 円
★ 2015 年 09月    + 55,987 円
2015 年 08月  - 211,428 円
★ 2015 年 07月  + 115,430 円
★ 2015 年 06月  + 122,502 円
★ 2015 年 05月  + 109,488 円
★ 2015 年 04月  + 120,718 円
★ 2015 年 03月  + 375,456 円
★ 2015 年 02月  + 453,702 円
2015 年 01月  - 742,602 円
------------------------------------
2014 年 12月  - 386,550 円
★ 2014 年 11月  + 931,670 円
★ 2014 年 10月 + 1,275,310 円
★ 2014 年 09月 + 1,233,631 円
★ 2014 年 08月  + 296,190 円
2014 年 07月   - 73,271 円
★ 2014 年 06月  + 960,171 円
★ 2014 年 05月 + 3,680,831 円
★ 2014 年 04月 + 2,341,825 円
2014 年 03月 - 9,207,259 円
★ 2014 年 02月 + 6,604,608 円
★ 2014 年 01月 + 2,478,008 円
------------------------------------
2013 年 12月 - 12,868,745 円
2013 年 11月    - 49,368 円
★ 2013 年 10月 + 5,363,861 円
★ 2013 年 09月 + 1,340,958 円
★ 2013 年 08月  + 991,089 円
★ 2013 年 07月 + 6,179,934 円
2013 年 06月 + 11,746,601 円
★ 2013 年 05月 + 8,145,903 円
★ 2013 年 04月 + 8,726,783 円
★ 2013 年 03月 + 6,989,214 円
★ 2013 年 02月 + 6,229,063 円
★ 2013 年 01月  + 756,512 円
------------------------------------
★ 2012 年 12月 + 2,273,359 円
★ 2012 年 11月 + 2,005,691 円
★ 2012 年 10月 + 2,277,358 円
★ 2012 年 09月 + 1,460,454 円
★ 2012 年 08月 + 2,463,760 円
★ 2012 年 07月 + 1,962,355 円
★ 2012 年 06月 + 2,674,519 円
★ 2012 年 05月 + 3,581,559 円
★ 2012 年 04月 + 3,132,238 円
★ 2012 年 03月 + 2,212,368 円
★ 2012 年 02月 + 3,954,512 円
★ 2012 年 01月 + 3,100,614 円
------------------------------------
★ 2011 年 12月 + 2,868,278 円
★ 2011 年 11月 + 4,746,752 円
★ 2011 年 10月 + 4,411,896 円
★ 2011 年 09月 + 3,943,751 円
★ 2011 年 08月 + 3,392,787 円
★ 2011 年 07月 + 2,302,246 円
★ 2011 年 06月 + 1,474,549 円
★ 2011 年 05月 + 2,672,264 円
★ 2011 年 04月  + 871,129 円
★ 2011 年 03月 + 3,177,636 円
★ 2011 年 02月 + 1,483,433 円
★ 2011 年 01月 + 1,860,182 円
------------------------------------
★ 2010 年 12月 + 1,111,260 円
★ 2010 年 11月 + 1,328,122 円
★ 2010 年 10月 + 1,321,887 円
★ 2010 年 09月 + 1,691,288 円
★ 2010 年 08月 + 1,001,811 円
★ 2010 年 07月  + 905,618 円
★ 2010 年 06月  + 853,269 円
2010 年 05月  - 338,514 円
★ 2010 年 04月 + 1,759,315 円
★ 2010 年 03月 + 1,769,967 円
★ 2010 年 02月 + 2,167,796 円
★ 2010 年 01月 + 4,061,109 円
------------------------------------
★ 2009 年 12月 + 3,578,542 円
★ 2009 年 11月 + 5,057,012 円
★ 2009 年 10月 + 2,186,800 円

プラグインタイトル スキャルピングおすすめFX口座①

外国為替証拠金取引の外為オンライン

プラグインタイトル スキャルピングおすすめFX口座②

トレイダーズ証券[みんなのFX]

プラグインタイトル スキャルピングおすすめFX口座③

外為ジャパン

プラグインタイトル 自動売買おすすめFX口座①

フォレックス・ドットコムMT4

プラグインタイトル 自動売買おすすめFX口座②

アヴァトレード・ジャパン

プラグインタイトル 自動売買にはVPSがオススメ!

レンタルサーバーなら使えるねっと

自動売買システムはコンピュータの電源を切ると作動しません。しかしVPSサービスを利用すると、PC電源を切っていてもシステムを稼働させることができます。PC電源を一日中つけっぱなしにできない方には、必須のサービスです。